読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

virgiL

さぁ、物語を始めようか。

底辺ダメ人間だった僕がブロガーになって一ヶ月経って分かったメリット・デメリット

こんにちは、和明さん(@KAZUAKI_virgiL)ですv

早いもので、僕がブログを書く人=ブロガーになって一ヶ月が経ってしまいました。

一ヶ月間、ブログを書き続けました。
30日間、キーボードを叩き続けました。

全ては皆さんの貴重な時間を奪うために。

今日は、そんな生活を一ヶ月続けてみて感じたメリット・デメリットのお話です。

f:id:KAZUAKI_virgiL:20160404140821j:plain

ブログを書き始めて実感したメリット

日々が充実し始める。

これはガチです。

職場と自宅を死んだ魚のような顔で往復するだけの空っぽな毎日を過ごしていた一ヶ月前の自分と比べると、間違いなく今の僕は人間らしい暮らしを手に入れました。

自分が活き活きしてる実感があります(笑)
言うなれば、新しい顔を装着したてのアンパンマンのように!

記事を書くために その日1日をしっかり振り返ることが多くなって、
・「何もしてない日」
・「空っぽの一日」
こういう日がなくなりましたねw

「今日は一日中寝て過ごしてたな〜」とか、「マジで退屈な一日だった…」とか、そういう感情を一切抱かなくなりました。

何かを意識して変えたわけじゃないから、気持ちの変化なのかもしれないですけど…
毎日が一歩前進で。毎日が新しい発見で。
本当に人生が充実してきました。


交流が増える。

ブログを通して、人と触れ合う機会が増えました。

元々誰かとお話するのが大好きな僕には、こんな嬉しい事はありません( ´ ▽ ` )ノ
コミュ障のクセに←

やっぱり誰かと関われる、誰かと出会える、そしてお友達が増えるっていうのは素敵なことでw
ブログのコメント一通、Twitterのリプライ一言でも ベッドの上で転げ回るほど幸せ感じてます。

これは全て皆さんのおかげです。
いつも応援ありがとうございます><

いつかは、このブログを通してお仕事が貰えたりしたら嬉しいなー…なんて思ってますv
これは本当に純粋に嬉しいので、もっともっと頑張るぞい!


自分という人間を確立させられる

これも大きいですね。

ブログを通して「自分の考えを世に発信する」ことで、
改めて自分の思考、能力、存在を客観的に振り返ることが出来る 素晴らしい機会を得ました。

そこから自分の中に眠ってるものを呼び起こすきっかけになったり。
ブログの執筆っていうのは、自分を人間として成長させるための近道なのかもしれませんねw

先日、友人から
「最近言うことが鋭くなったね」
なんてお言葉を頂きました(笑)

これもブログの影響かな、なんて思ってます。
知らないけど←


収入が増える

まぁ、増えます。

「これからプロブロガーになりたい」なんていう愚か者人たちが気になるのは、はやりこれだと思います。

隠さずに結論から言うと、
ベッドでごろごろしているだけでも、銀色で穴の空いていないほうの小銭が毎日勝手に手元に転がり込んでくる
程度の環境なら どんなド素人底辺ダメ人間でも一ヶ月あれば構築できるようです。

ただ、この環境を築きたいなら 以下のデメリットを受け入れる覚悟も必要ですヨ。

スポンサーリンク

ブログを書き始めて生まれたデメリット

f:id:KAZUAKI_virgiL:20160404140844j:plain

生活がブログ中心になった

うん、なった。
これが最大のメリットにしてデメリットでしょうか。

まずは考え方。
どんなときも常に記事のネタを考えるようになりました。
逆に言えば「記事のネタを作るために行動的になった」のかもしれませんけど。

そうね、ブログをやってなかったら おそらく限定のブラック・マジシャンを貰いにわざわざ遠いCoCo壱に出かけたりしなかったと思います(笑)

virgil.hatenablog.jp

誰といるとき、何をしているときでも
常にEvernoteにブログの記事の下書きや殴り書きメモを残すようになりました。
ブログ用の写真を撮ったり。
「記事を書かなきゃ」ていう使命感に追われながらの生活になったかな。
まぁ好きでやってるんだけどサ(笑)

それでも、やっぱり書くことがなくて無理やり絞り出す辛い日もありますよw

そして生活リズム。
僕は次々サクサクと記事を書けるような天才肌じゃないので――
本当に時間の多くをブログに割くようになりました。

ぐーたら空白の時間を過ごさなくなったのはいいことだけどw
楽器の講師始めたくせに楽器の練習時間はグッと減りました←

本気で収益をあげたい人は、生半端な作業量では稼げませんよ?(笑)

クリエイターの悩みからは逃れられない

これについては今度しっかり書こうと思ってたんですけど。

「世間が求めるもの」と「自分がやりたいこと」の相違っていうのは、やっぱりこの世界にもありました。

僕は普段 作曲家として楽曲の提供なんかを仕事としてさせていただいているんですけど、
「自分が作りたい曲」と「売れて金になる曲」っていうのはやっぱり違うんですよ。

ブログ界でもそれは同じで、
「自分が書きたい記事」と「世間が求める記事、読まれる記事」は全く別なことが多くて(笑)

2時間くらいかけて必死に書いた企画記事が10PVくらいなのに対して、10分もかけずに片手間に書いた流行りのゲームの日記は一瞬で500PVを記録したり。
※PV: ページビュー。アクセス数のこと。

なーんとなく悲しくなっちゃいますよね(笑)

負けるな、クリエイター諸君!



こんな感じかなw
何か得るものはありましたか?

以上、和明さん(@KAZUAKI_virgiL)でしたw