読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

virgiL

さぁ、物語を始めようか。

「デキる人」に見られるためのたった2つのはったりテクニック!

成功の秘訣 はったりテクニック ボブとマイク

こんにちは、和明さん(@KAZUAKI_virgiL)です。
コンビニで100円で売ってたBLOOD ORANGINAがめちゃめちゃ美味しくて、今日1日幸せで過ごせそうです(笑)

こんなやつ(笑)

さてさて、本日は大人気はったりテクニック記事!
「デキる人」に見られるためのたった2つのテクニックとは!?

virgil.hatenablog.jp

f:id:KAZUAKI_virgiL:20160402135308j:plain

要求の先読みと、+α

まずはこちらのスキットをご覧下さい。

「やぁ、ボブ」
 「やぁ、マイクじゃないか! 調子どう?」

「最悪さ、授業中にツムツムやってたらスマホのバッテリーが切れちまったんだ!」
 「オーゥ、それはツイてないね」
「悪いんだけど、明日2人で行く約束だった店の予約を代わりに取ってくれないかい?」
 「hahaha、予約なんて昨日シャワーを浴びる前に済ませたよ!」
「さっすがボブだ! すげぇや!」
 「せっかくだから、ジェシカとリリーも誘っておいたよ(どやぁ)」
「ななななんだって!? クラスで一番セクシーなジェシカと 一番キュートなリリーを!?」
 「あぁ、そうさ」
「ボブ、君ってめちゃくちゃクールだな!」
 「よせやい、友達だろ☆」


…どうですか?
ボブ、めちゃくちゃ「デキる人」に見えませんか?

\ぼぶー!/  \ボブさいこー!/

よし、ボブになろう。
この記事を読み終わる頃には、あなたはボブです。  

それでは早速、「デキる人」に見える要素を分析してみましょう

事前に行動できる、先読みの力。

授業中にゲームをして、スマホのバッテリー管理もできないマイク。
ズボラな彼が店の予約なんてしないことを、ボブはしっかり先読みしていました。

この様子だと、前例もありそうですね。困ったものです。

嬉しいサプライズ

この慌て様、マイクは女好きとみて間違いないでしょう。
優しいボブはマイクのために、かわいい女の子を呼んでくれました。

マイクは大喜び。ボブの株もますます上がりますね!

「デキる」人に見られるために必要な最低限の技術

f:id:KAZUAKI_virgiL:20160402141645j:plain

笑顔のマイク(笑)

つまり、こういうことになります!

  1. 思考の先読み。そこから導き出せる相手の要求を逆算。実行。
  2. さらに相手に歓迎される一手間を算出。実行。


単純な話、この2つだけでいいんです。  

スポンサーリンク


例えば、オフィスでの一幕。

「加藤君、さっきのデータを温水係長に――」
「はい、もう提出済みです」
「やりおる」
「あとコレ、明日のプレゼンで使う資料です。用意しておきました」
「シェーーーwwww」


ね、簡単でしょ?

悪位言い方をすると、
「人間なんて単純」 なんです。

正確には
「(他人を判断するときの)人間(の基準)なんて(思ってるよりも遥かに)単純
なんです。


どうですか?
「デキる人」のイメージ像がつかめてきましたか?

はったりを利かせるだけです、やれます。
相手の単純な部分につけこめ〜、攻め入れ〜。


「先読みなんて難しくてできねぇ」
「人の考えなんてわかんねーよ」
「プラスアルファって何したらいいんだよ」

大丈夫です。
上のテクニックは「着眼点」「考え方」のコツさえ分かっていれば、必ず誰でも習得できるんです。
このダメ人間、和明さんでも何とかなったんです。
あなたにできないわけがない。

virgil.hatenablog.jp

この記事では、マイクが病院送りになります。

以上、今日はここまで!
ボブになろう。
和明さん(@KAZUAKI_virgiL)でしたv